サッカー愛100%まつかわです!

サッカーに対する思い、魅力や奥深さをみんなに知ってください

ただ漠然とチーム練習をすることは今日でやめましょう!

サッカーは練習することで上達していきます。

チーム練習でも何かしらの目的があり

練習していくからこそできるようになります。

 

 

 

取り組んできた練習を試合で発揮して

できることで結果が出るのです。

結果を出したいのであれば

練習していく事が大事になります。

 

 

 

練習しなければ

結果は出ることはありません。

 

 

 

練習とはできないことをできるようにすること

次の試合でこのプレー試してみたいと思うこと

練習していく事が大事になります。

 

 

 

ただ練習している

言われたからやっている練習は

時間の無駄になり、

何も成果を上げることはできません。

 

 

 

練習は目的を持ち、

意識して練習していくからこそ

効果があります。

 

 

 

サッカーのチーム練習で意識するべきポイントとは・・・

f:id:matsutaka0804:20181030165723j:plain

 

 

 

 

どうも!

サッカー愛100%まつかわです。

 

 

 

練習をしていく際に大事なのは目的を持ち

その目的に対して何を意識していくのかです。

 

 

目的を持たずにただ漠然と練習しても

成果は出ることはありません。

監督・コーチに言われたことをそのまま練習しても

成果は出ることはありません。

 

 

 

 

練習できちんと成果を出し

試合に向けていいモチベーションを保つためにも

常に練習で何を意識していくのかが大事になります。

 

 

 

 

・練習は試合を想定して常に練習すること

練習は何のためにやるのでしょうか・・・

答えは簡単です!

試合で使うために練習しているのです。

 

 

試合で使えない練習をやっても

それはただの時間の無駄になります。

あくまでも練習で結果を出すことが大事なのではなく

試合で結果を出すことが何よりも大事なのです。

 

 

 

練習の練習を行うのか

それとも試合で使える練習を行うのか

まずはここの意識から改善していく必要があります。

 

 

 

その練習は試合ではどの場面ですか

その練習は試合のどこで使いますか

その練習は試合で必要なことですか

 

 

 

まずは試合を想定して練習に取り組むこと

その練習は試合で使える価値ある練習に変わります。

 

 

 

何も考えずにただ練習をこなすのは

今日でやめてください!

f:id:matsutaka0804:20181030170002j:plain

 

 

 

 

・目的を持ち、練習に取り組むこと

ただ練習するのではなく、

チーム練習でも自主練でも

その練習で何を強化していきたいのか

明確な目的を持つことが大事になります。

 

 

 

目的を決める際に大事なのは

チーム練習で言えば

監督・コーチがなぜその練習を行ったのか

まずは練習の意図を考えることから始めてください。

 

 

 

 

監督やコーチの練習には

必ず意味があり意識してほしいポイントがあります。

 

 

 

シュート練習なら

まずはどうしてシュート練習を行うのかを考えます。

そこには試合でシュートを打つことが少ない

シュートを打っても枠に飛んでいないなど

何かしらの意図がありますのでそこを考えてください。

f:id:matsutaka0804:20181030170319j:plain

 

 

 

・自分にとって必要なことを考える

次に大事なのがその練習で必要なことは何かです。

練習の目的を考えることができたら

次は自分にとってその練習をする上で必要なことを考えます。

 

 

 

例えば

シュート練習をしているのであれば

監督・コーチの目的が

試合においてシュートを打つ場面が少ない

 

 

 

自分にとって必要なことは・・・

ポジションによっても異なりますが

 

 

FWであれば

基本的にはゴールに近い位置でのシュートを打つ場面が多い

だからこそキーパーを見て確実に決められるように練習する。

 

 

 

MFであれば

シュートを打つ場面になるのは

ゴールから離れた位置からのシュートになるから

ミドルシュートを確実に枠に飛ばせるように

ボールを見て、強くて速いシュートを打つことを練習する。

 

 

 

DFであれば

基本的にはほとんどシュートを打つことはないが

試合で1本あるかもしれないシュートを確実に決めるために

シュートをする意識を持ち、

1本1本のシュートを大切にするために

基本に沿ってシュートフォームを意識した練習をする。

 

 

 

ポジションによってもシュートを打つ場面は変わってきます。

同じようにただ練習しているのであれば

それでは意味がないのです。

 

 

 

一番初めにも話しましたが

練習はあくまでも試合で使うための練習になるので

練習から試合を想定して練習していかなければ

練習しても意味がありません。

f:id:matsutaka0804:20181030170129j:plain

 

 

 

最後にまとめ

試合を想定して練習に臨むことが

まず最初の1歩になります。

 

 

 

日々の練習はあなたが成長するためにやっているのであって

監督・コーチが上手くなるために行うのではありません。

 

 

 

チーム力を強くすることを目的として

仲間と一緒に切磋琢磨して

選手として成長していきます。

 

 

 

せっかくあなたの貴重な時間を使って

チーム練習をしているのであれば

その時間を目一杯全力で取り組みましょう。

 

 

 

そのためにも

ただ練習をこなす選手では

成長はできません。

 

 

 

まずは試合を想定して練習するようにしてください。

試合で使えない練習では意味がないので

試合のどの場面で使えるのか

考えて練習するようにしてください。

 

 

 

 

次に練習の意図を考え、

何を目的に練習していくのかを考えてください。

練習は常に意図があります。

監督・コーチは考えて練習をさせています。

 

 

 

自分なりでいいので納得いく答えを考え

練習に取り組むことで主体的に取り組むことができます。

練習はやらされているのではなく自分から進んでやることが大事

 

 

 

最後にその練習は自分にとって必要なことは何かを考える

その練習で自分は何を得たいのか

常に考えること!

 

 

ポジションによっても変わってくるので

常に自分の今のポジションに当てはめて考えると

答えは出てきやすいと思います。

 

 

 

ただ漠然と練習するのは今日でやめて

目的を持ち、練習に取り組むようにしてください。

1つ1つ選手として成長の階段を進んでいきましょう!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。