サッカー愛100%まつかわです!

サッカーに対する思い、魅力や奥深さをみんなに知ってください

シュートを決めるための4つのポイント

サッカーにおいてシュートは基本中の基本である。

理由は簡単である得点を奪うことができなければ

試合で勝つことはできないからである。

 

 

 

得点は試合で勝つために必要な要素であり

得点を奪える選手はチームにとって貴重である。

得点はサッカーの全てであり、

勝つために必須条件である。

 

 

いい形でチャンスを作っても

キーパーと1対1になり得点のチャンスができても

決めることができなければ得点を貰うことはできない。

 

 

逆にどんな形でもいいから

ボールがゴールラインを割ることができれば

得点が認められ、勝利へ1歩近づく。

 

 

 

得点を奪う技術こそが

シュート技術になります。

シュートは打つことが得点を奪う唯一の方法になります。

 

 

 

「シュートは得点を奪う技術」

その基本について細かく解説を交え書いていきます。

f:id:matsutaka0804:20181021104417p:plain

 

 

 

こんにちは!

サッカー愛100%まつかわです!

 

 

サッカーのシュートは

4つのポイントで成り立っています。

 



シュートの基本4つのポイント

・体全体を使いボールを押しだす。

・足を固定してインサイドの面を作り、ボールの中心に当てる。

・軸足でしっかりと踏み込みバランスを取る。

 

 

 

・体全体を使い、ボールを押しだす

シュートを打つことに限らず、

ボールを蹴るときに足で蹴るのではなく

体全体を使ってボールを押しだすことを覚えてください。

 

 

よく言われるのが、足の振りを早くして

蹴ることで強いシュートを打つことができると言いますが、

それは間違いです。

 

 

シュートで大事のは足の振りではなく

体全体で打つことでボールに前にいく力を伝えることができます。

足の振りを早くした時と決定的に違うのは

蹴った後のボールの軌道が一番違います。

 

 

足で蹴ったボールは浮いてしまったり

ボールの中心をとらえることができていません。

 

 

 

体で蹴った際のボールの軌道は

基本的にまっすぐ飛んでいきます。

体全体で蹴っているため、

上半身がしっかりとボールが浮かないように

かぶせるように蹴っているのでボールが浮かないからです。

 

 

 

体全体で蹴ることでボールを狙ったところに蹴りだすことができ、

前に行く力もボールに伝えることができるので

強くて力のあるボールを蹴ることができます。

f:id:matsutaka0804:20181021104702j:plain

 

 

 

・足を固定してインサイドの面を作り、ボールの中心に当てる。

足を固定しなければ蹴った際に

ボールの硬さに力負けしてしまい、

伝えたい力を全部伝えることができません。

 

 

足を固定するために必要になるのが

足の指を丸めることと足首を伸ばすことです。

最初は意識しないと出来ませんが、

できるようなれば無意識でも蹴る際には足首を固定できるようになります。

 

 

 

固定ができたら後はインサイドの面をボールの中心に当てることです。

面がボールの中心をしっかりとらえることができなければ

ボールに力がしっかりと伝わりません。

 

 

ボールの中心からずれてしまえば

ボールには回転がかかってしまい、

ボールに上手く力が伝わりません。

 

 

 

ボールの中心をとらえることができたボールは

基本的にはボールに回転はかかりません。

無回転の状態でボールが飛んでいきます。

練習の時から意識してできれば試合中でも

蹴れるようになります。

 

 

 

足を固定して、ボールの中心を蹴ることを

普段の練習から意識していく事が大事になります。

f:id:matsutaka0804:20181021105051j:plain

 

 

 

・軸足でしっかりと踏み込みバランスを取る。

軸足は体全体を支え、力を伝えるために絶対に必要になるポイントです。

軸足の踏み込みができていなければボールに力を伝えることができません。

ボールとの接地面を長くして、強くて力のあるボールを蹴るためには

軸足の踏みこみは意識しないといけません。

 

 

バランスを取るためにも必要になります。

体がぶれてしまえば力は色んな方向に逃げてしまいます。

そうならないためにも軸足でしっかりと踏み込み、

地面を掴み、体全体を支えながらボール接地時間を長くしていく。

 

 

接地時間とバランスをもっと良くするためには

軸足の膝を少し曲げること!

膝がピンと伸びている状態だと

体を支えることも接地面を長くすることもできない。

 

 

 

膝を曲げることで

蹴る際の足の振りに少し余裕ができる。

その余裕分ボールとの接地面が長くなる。

 

 

軸足の膝を曲げていることで

重心が下がるので、よりバランスを取りやすくなる。

片足立ちをしている時に膝が伸びているのと

膝を曲げているのとでは・・・

 

 

 

膝を曲げているほうがバランスが取りやすくなります。

それは重心が下がるため安定しているからです。

 

 

膝を軽く曲げてバランスを取って練習してみてください!

f:id:matsutaka0804:20181021105234j:plain

 

 

シュートを打つことは

シュートに関して最後に大事なことを書いていきます。

シュートはサッカーにおいて必要なことで

得点を奪うために必要な技術になります。

 

 

 

シュートを打つことで何かが起きます。

ゴールに入る可能性があります。

枠に飛んでいればなおさら得点の確率は上ります。

キーパーが読んでいてもファンブルして得点に繋がる。

相手ディフェンスに当たり、コースが変わり決まるかもしれない。

などなど

 

 

 

まずシュートを打つ意識を持つだけでも

ゴールが決まる可能性は上がり、

得点奪うことができるのです。

 

 

 

シュートをする意識を持つことが

最初の1歩になります。

 

 

 

可能性のあるシュートを打とう

シュートを意識を持ってシュートを打っても

可能性のないシュートを永遠と打っても得点は生まれません。

 

 

 

可能性のあるシュートを打つことで

シュートの決まる確率は上がります。

それ以上に仮に外したとしても

次に向けて改善の糸口を見つけることができます。

 

 

改善できなければ次も同じミスをしてしまい、

結果的に打っても打っても入らないことになってしまいます。

 

 

 

では可能性のあるシュートとは何なのか

それは・・・キックフォームを正しくすることです。

 

 

 

無理な態勢でシュートを打っても

ボールに力は伝わらず、

得点を決めることはできません。

 

 

相手のプレスに焦ってしまい、

速く蹴ろうとしてしまい、

シュートフォームが崩れてしまうのでも

同じく決めることはできません。

 

 

まずはいい状態を作り、

正しいシュートフォームで打つことで

ゴールの可能性を引き上げることができます。

 

 

 

キックフォームとは

・軸足の踏み込む位置

・ボールを最後まで見る

・シュート打った後のフォロースルー

正しいシュートフォームの3つのポイントになります。

 

 

 

キックフォームを覚えることは

シュートの基本を身につけることと同じくくらい大事になります。

f:id:matsutaka0804:20181021105444j:plain

 

 

 

軸足の踏み込む位置

しっかりと踏み込んでいるのか

ボールの真横に置く事ができているか

軸足でバランスを取ることができているか

軸足の置く位置でボールに伝わる力は変わってきます。

 

 

 

軸足の位置がボールに対して浅ければ(遠ければ)、

ボールに対する接地面は短くなるので

前に行く力を最後まで伝えることができない。

 

 

 

逆に軸足の位置がボールに対して深ければ(近ければ)、

ボールとの接地面は長くなり、

最後までボールに力を伝えることができます。

 

 

ボールを最後まで見る

試合中はボールは止まっていることはなく

動いた中でプレーしていきます。

止まったボールを蹴るときはフリーキックコーナーキックの時だけです。

 

 

 

基本は動いているボールを蹴ります。

だからこそボールを見て蹴らなければ

ボールの中心を蹴ることはできません。

 

 

 

ボールの中心を蹴ることができなければ

ボールに力が伝わったとしても

中心から外れているため力が逃げてしまい、

威力のないシュートになってします。

 

 

足の中心がボールの中心をしっかりと捉えまで

最後までボールを見て蹴ることが大事になります。

 

 

シュートを打った後のフォロースルー

ほとんどの選手がシュートを打った後が

雑になってしまい、せっかくいいシュートを打っていても

打った後のフォロースルーができていなければ

ボールをコントロールすることはできません。

 

 

 

ボールをコントロールするためには

蹴りたい方向に蹴った足が向いているか

狙いたい方向にボールを押しだしているか

ここを意識して蹴らなければ意味がありません。

 

 

フォロースルーは

・シュートをコースに狙いたい

・ボールを浮かせないように抑えたい

そんな方には絶対に必要な要素になります。

 

 

蹴るまでも大事ですが、

蹴った後のフォームも意識していく事が

より大事になります。

f:id:matsutaka0804:20181021105606j:plain

 

 

 

 

・最後にまとめ 

シュートはサッカーにおいて

絶対になくてはいけない基本になります。

だからこそ時間をかけて習得し、

できるようにしていかなければいけません。

 

 

 

基本は理解していき、

レーニングをして、

動作を意識していけばできるようになります。

 

 

 

まずはシュートの基本を理解し、

練習から理解したことを意識していき

レーニングをして見てください!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。