サッカー愛100%まつかわです!

サッカーに対する思い、魅力や奥深さをみんなに知ってください

相手との距離感を掴み方を理解しドリブル突破していこう

こんにちは!

 

 

サッカー愛100%まつかわです!

 

 

今回はドリブルの基礎の第3回目です。

今回のが最後のポイントになります。

ドリブルの基礎は個々で大事なのではなく

3つのポイントを理解し、ドリブルしていく事で

大きな役割を持つことになります。

 

 

ドリブルができていない選手はこれをきっかけにできるようにしていき、

ドリブルができる人ももう1段階成長できるように

最後まで読んでいってください。

 

 

最後のポイントは

「ディフェンスとの距離感を身につけよう」

f:id:matsutaka0804:20180907173733j:plain

 

 

 

今までのポイントの1つ目が「身体の正面をゴールに向ける」

2つ目が「ディフェンスの足の届かないところにボールを運ぶ」でした。

 

 

身体の正面をゴールに向けることで

左右両方いけるようになり、

ディフェンスの足の届かないところにボールを運ぶことで

ディフェンスがボールを奪いにくい状況を抜く際に作り出す。

(1つ目・2つ目を理解できていない方は前回・前々回を見てください。)

 

 

最後にディフェンスとの距離感を掴むことで

ディフェンスとの間合いを取ることができるようになり

そこに一早く入り、ドリブルで抜くタイミングを

模索しながらプレーしていく事で抜けるようになります。

 

 

間合いは近すぎてもダメであり

遠すぎてもいけません。

自分のディフェンスとの距離感を身につけていく事が必要です。

 

 

間合いは人により様々です。

1人1人体格も身長も能力も違うので

一概に全部の同じ距離感で抜くことはできないのです。

 

 

 

近いほうがやりやすい選手もいれば

遠いほうがやりやすい選手もいます。

大事なのは自分に合った距離感を見つけることです。

 

 

 

そして距離感を掴むことができれば

まずはその距離感に入り、

ディフェンスと1対1を開始し、

後は距離感を保ちながら抜くタイミングを模索していき

(ボールを動かすもしくは身体を動かしていく)

ドリブルで抜くチャンスを伺い、

行けると思えば一気に抜いていく事です。

 

 

距離感を意識してプレーしていく事で

自分のいい状態で仕掛けることができ

自分のタイミングで抜くことができます。

f:id:matsutaka0804:20180907174031j:plain

 

 

距離感のコツとは

1対1している際に

ディフェンスがボールを奪えそうで奪えない位置に置くことです。

そしてボールは基本的に正面に置くようにする。

 

 

絶対に消極的なプレーはしないでください。

練習での失敗は自分の力になりますので

積極的にミスしてもいいので

どんどんチャレンジしていきしょう。

 

 

1対1をしていく事で

距離感を少しずつ掴むことができます。

1対1を繰り返し行い、相手との距離感を意識して

ドリブルをしていくこと

 

 

例えば

相手のアクションを待っている際に

ボールを正面に置き、相手の動きに合わせて待っていて

相手が飛び込んできた際にボールを動かし、抜こうとした際に

相手にはボールを触られることなくできた

抜く際に相手にぶつかってしまうのは距離感がつかめていません。

 

 

 

距離感がしっかりと掴めていれば

ボールは相手に触れることなく

抜く際も相手にぶつかることなく

抜き去ることができます。

 

 

 

逆に自分から仕掛ける際にも

ボールを動かしながら、抜くチャンスを伺い、

距離感を意識できれば相手の動きを予想することができます。

相手が常に届かないところにボールを置くことができるので

相手は奪いにいくか、判断が難しくなります。

 

 

 

相手が判断に迷っている時に

こちらから仕掛けていく事もできます。

距離感がつかめるようになると

相手の動きに合わせて抜くことができ

自分から仕掛けていく事で抜くこともできます。

 

 

 

つまり、両方のパターンで抜くことができるようになります。

f:id:matsutaka0804:20180907174324j:plain

 

 

距離感を身につけるためには・・・!?

1対1の際に相手との距離をある程度まで詰めていき

そこから細かいボールタッチもしくは身体の動きで

相手との距離を少しずつ近づけていくこと

 

 

 

細かいタッチといっても

常にボールを触るという事ではありません。

ボールの持ち運び方を変えていくという事です。

 

 

 

ある程度の距離まで相手に近づいたら

そこからボールの持ち運び方を変えてください。

相手に奪われてしまうダメなドリブルは

ボールを前に大きく出すもしくは

斜め前に大きく持ち出してしまうこと

ディフェンスに奪うチャンスを与えてしまっているからです。

 

 

 

ボールを大き出すこともしくは

斜め前のスペースにボールを出すのは

ディフェンスはそこを狙っています。

 

 

ディフェンスは相手とボールが離れた瞬間を狙っています。

身体を入れるもしくはボールを奪うタイミングを

ドリブラー自身が作ってしまっているからです。

f:id:matsutaka0804:20180907174907j:plain

 

 

そうではなく、ある程度近づくことができれば

そこからはボールを基本的には横に動かすようにします。

横に運びすぎても相手との距離は詰めることができないので

真横ではなく少し前にボールを運ぶようにする

 

 

それに合わせて身体の向きが相手に正面になりすぎては

あまり距離を詰めることができないので

上半身は正面に向けるようにして下半身を少し斜めにすること

真横にボールを動かしてもボールは常に身体の正面に置くようにでき

相手との距離も詰めることができるようになります。

 

 

 

 少しずつ距離感を変えていき

自分の中の距離感を掴むようにしてください。

最初は奪われることが多いいと思いますが

やっていくうちに距離感を掴めるようになってきます。

 

 

何回も繰り返し1対1で仕掛けていき

自分の距離感を掴むようにしてください!

 

 

ドリブルに関して3つのポイントを書いていきました。

これを理解していき、少しずつチャレンジしてください。

 

ポイント1

「身体の正面をゴールに向けてドリブルの選択肢を増やす」

ポイント2

「ディフェンスの足の届かないところにボールを置くようにして抜いていく」

ポイント3

「ディフェンスとの距離感を掴むこと」

 

 

それぞれ細かいやり方がありますので

今一度理解していくようにしてください。

ドリブルも分割して考えていけばできない技術ではありません。

1つ1つ理解していき、練習していくとできるようになりますので

繰り返しあきらめずに練習するようにしてください。

 

 

 

 最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

youtubeにて自分がプロの試合をみて

参考になるドリブル動画を載せています。

ぜひ見て参考にしてイメージを付けて練習するようにしてください。

チャンネル登録もお願いします!

⇩⇩⇩⇩

goo.gl