サッカー愛100%まつかわです!

サッカーに対する思い、魅力や奥深さをみんなに知ってください

ドリブルでディフェンスにボールを奪われる原因と改善法

こんにちは!

 

 

サッカー愛100%まつかわです!

 

 

今回もドリブルのポイントについて解説していきます。

今回はドリブルの基礎ポイントの2つ目を書いていきます。

ここもすごく大事なところなので最後まで読んで

練習に活かして下さい!

f:id:matsutaka0804:20180904165506j:plain

 

 

前回までの事をおさらいしていきます。

前回は「身体の正面をゴールに向けるようにする」

という事をお話ししました。

 

 

この内容を今一度思い出しながら

今回の記事に進むようにして下さい。

前回の記事を読んでいない方は前回の記事を読んでから

今回の記事に進むようにしてください!

 

 

 

ドリブルの基礎その2

「ディフェンスの足の届かない位置にボールを運ぶようにする。」

 

ドリブルの際に簡単に相手に奪われてしまう原因の1つとして

抜く際にボールの運ぶ位置がディフェンスに近いため

奪われてしまうことが多いのです。

 

 

早く仕掛けて抜こうとするために

ボールの位置を考えていないので

結局自分がいい状態でドリブルをしていても

抜く際にディフェンスの近いところにボールがあるので

ディフェンスは足を出すことで奪うことができます。

これが簡単に奪われてしまう1つの原因なのです。

 

 

いくらドリブル際にいい状態であっても

抜く際のディフェンスとボールの距離が近ければ

相手に奪われてしまうのです。

f:id:matsutaka0804:20180904165936j:plain

 

 

だからこそディフェンスからボールを離すことを

覚えることでドリブルで抜くことができるようになります。

ここから細かく解説していき、

どうすればディフェンスから離すように

ボールをコントロールできるのかお話ししていきます。

 

 

 

まずはボールを奪われてしまうボールの運び方とは

 

ドリブルを開始する際は相手からボールが離れている状態だが

ディフェンスの状況をみて、チャンスを伺い、

ドリブルでいざ抜こうとする際に

だいたい失敗してしまうときはここでボールを持ち出すところが

ディフェンスの近い位置にボールを運んでしまっている。

 

 

近い位置とはボールを斜め前に持ち出そうとして

ディフェンスに近いところをボールが通っています。

ディフェンスの横のスペースにボールを通して抜こうとしているので

ディフェンスは足が出せる距離なります。

 

 

 

なのでタイミングを合わせていけば

簡単にボールを奪うことができるのです。

 

 

せっかくボールを保持して

ディフェンスから離したところでボールをコントロールしているのに

いざ抜く際にディフェンスの近いところに

ボールがあれば奪われます。

 

 

抜く際はディフェンスの足の届かないところに

ボールを持ち出すことをしなければ

ディフェンスはボールに触れてしまうのです。

f:id:matsutaka0804:20180904165700j:plain

 

 

それだとディフェンスの事を抜くことができないと

思いがちですが、その考え方は間違えです。

ディフェンスの届かないところにボールを持ち出すことは

ドリブルする際にかなりのメリットになるのです。

 

 

 

3つのメリットがあるのです。

・ディフェンスが動かないといけない

・ディフェンスがボールを動かした際についてくれば逆つくチャンス

・もし来なければ前にスペースができるので

 ボールを持ち運ぶだけで相手を抜くことができる

 

 

・ディフェンスが動かないといけない

考えてみてください。

ディフェンスが届かないところに

ボールを移動するとディフェンスはどうするでしょうか??

 

 

 

答えは・・・ディフェンスはボールを奪うために

      動かないといけなくなります。

      足を伸ばしただけではボールを奪うことができなくなるから

 

 

ディフェンスを動かすこともできるので

絶対に抜く際にはディフェンスが届かないところに

ボールを運ぶようにして下さい。

 

 

 

ディフェンスが届かないところはどこになるのか

基本的にボールを動かすときに注意してほしいのは

ディフェンスから離れたところにボールを動かすことです。

 

 

ディフェンスから離れた位置で

なおかつなるべく前にいきたい

そうなると・・・真横にボールを動かすことになります。

 

 

斜め前にボールを動かすとディフェンスにボールが近くなってしまいます。

かといってボールを後ろに持ち出すと相手から離すことはできますが、

ボールを前進できません。

 

 

となるとボールを真横に持ち出すことで

前にスペースを作る動きになりますし、

ディフェンスからもボールを離すことができます。

 

 

ボール奪取の範囲から外れると

ディフェンスは移動しないといけなくなります。

移動しているのを見て、ボールをもう一度真横に動かす

もしくは、前のスぺースにボールを持ち出し、

ディフェンスを振りきる。

f:id:matsutaka0804:20180904170131j:plain

 

 

注意してほしいことがあります。

真横に動かして一度で成功することもあれば

何回か繰り返し行わないと抜けないこともあります。

 

 

真横にボールを何度も動かす動作を繰り返し行うためにも

身体の向きが重要になるのです。

しっかりとゴールに対して正面であれば

ディフェンスに対しても正面に身体が向くので

真横にボールを動かしやすくなります。

 

 

 

ボールを動かしていき、

ディフェンスの届かない位置にボールを置くことを

常に意識しながらプレーしていく事で

抜くチャンスを作り出すことができます。

 

 

 

前に行くチャンスが作ることができれば

スピードアップのタイミングになり

抜くことができるのです。

 

 

 

最後に1つテクニックとして覚えておいてほしい技術

 

 

真横にいき、前に運ぶ技術があれば

相手からボールを離すことができ

なおかつ前に行くことも可能にした技術こそ・・・

誰もが知っている技術である・・・

 

 

 

「ダブルタッチ」なのです。

 

 

これこそドリブルの基本にあった技術になります。

ボールを真横に動かし、前に持っていく

これこそ今回話しているボールをディフェンスから離し、

前に持ち出すことができるのです。

 

 

相手の触られないところにボールを移動して

前のスペースを作り出し、ボールを前進させる

それを一連の動作として可能にした技術なのです。

 

 

 

ダブルタッチの基本は

ボールを真横に移動させて前に持ち出すこと

直角にボールを移動させることになるので

ディフェンスから離すことができるのです。

 

 

 

この技術をドリブルで活かしている選手こそ

現在ヴィッセル神戸でプレーしている選手であり

元スペイン代表であり、バルセロナの選手でもあった

イニエスタ選手です。

f:id:matsutaka0804:20180904170319j:plain

 

 

この選手はダブルタッチを使い、

相手を抜くことをしています。

ディフェンスの届かないところに

ボールを持ち出し、前に運ぶ

基本を徹底してできているからこそディフェンスを抜くことができています。

 

 

 

 

実際にyoutubeで動画を観て

抜いているところを観て

マネしてみる事が一番の上達になりますので

今すぐにyoutubeで検索してみてください。

実際のプレーを観たほうがイメージが付きやすいです。

 

 

今回お伝えしたのは

「ディフェンスの足の届かない位置にボールを運ぶこと」

それができてくるとボールをディフェンスに

触られることなく、抜くことができるようになります。

f:id:matsutaka0804:20180904170400j:plain

 

 

 

明日は最後のステップになりますので

絶対に最後まで読んでください。

 

 

ドリブルの基本を理解して

ドリブルを上達していきましょう!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

youtubeでは動画での解説をしています。
基礎のポイントを動画で解説しています。
instagramでは日々の試合でのプレーや日常を載せています!
コチラにまとめてありますのでぜひご覧ください!
⇩⇩⇩

goo.gl