サッカー愛100%まつかわです!

サッカーに対する思い、魅力や奥深さをみんなに知ってください

ドリブルの際の身体を○○することがステップ1

こんにちは!

 

 

サッカー愛100%まつかわです!

 

 

更新遅くなりました…

本日からドリブルの基礎について

3つのポイントを紹介してきます。

 

 

ここで間違えてほしくないのは

3つのポイントはあくまでも基礎なので

基本的な部分を理解できたことになります。

 

 

そこから自分の得意なことに加えることによって

ドリブルは良くなります。

それこそが独自のスタイルなので

自分のスタイルを見つけてください。

 

 

基礎から応用を時間をかけて練習し

できるようにしていく事で

ドリブルも良くなってきます。

 

 

まずは基礎を理解することを

ここでは理解してまずは基礎をできるようにしましょう。

f:id:matsutaka0804:20180903121611j:plain

 

 

ドリブルのポイントのその1

・身体の正面は絶対にゴールを向けること

身体の正面がゴールに向いていることで

ドリブルでも優位になります。

それと他にも視野の確保にもなります。

 

 

どうして身体の正面がゴールを

むいていなければいけないのかというと…

 

 

結論から言うと

・相手にドリブルで行く方向が読まれにくい

・相手の状況によって左右両方抜くことができる

・相手が飛び込みにくい

などのポイントがあります。

 

 

ドリブルが相手に奪われやすい選手は

簡単に言うと相手に行く方向がバレていることが

1つの原因になります。

 

 

ディフェンスは相手の身体の向きとボールの位置をみて

相手のドリブルするコースを予測します。

大体下手なドリブラーは行く方向を読まれていることが多いのです。

 

 

ディフェンスはワンサイドカットでより行く方向を限定しているので

身体の向きが悪い選手はより奪われやすい状況になります。

その中で逆サイドに無理に切り返そうとするので

相手の近くでボールを切り返すので簡単に相手に奪われてしまいます。

 

 

切り返しがいくら深かったとしても

相手に近いと次の動作をまで時間がかかってしまうので

次の動作に移るまでの間でディフェンスに詰められて

ボールを奪われてしまうのです。

f:id:matsutaka0804:20180903122047j:plain

 

 

相手に行く方向を読まれないためにも

身体の正面がゴールをむいていなければいけないのです。

 

 

 

先程説明したポイントについて細かく解説していきます。

 

相手にドリブルで行く方向が読まれにくい

ドリブルはする際に相手に行く方向を読まれていれば

簡単に相手に奪われてしまいます。

相手はコースを限定にして自分の奪いやすいところに

ドリブラーを誘導しているから

 

 

だから相手のコースを限定されたとしても

ディフェンスの奪いやすいところに誘導されないためにも

身体の向きを正面に向けることが大事なのです。

 

 

相手は誘導した後に

相手が抜きにいく瞬間を狙って身体を入れるもしくは

身体ごとボールに対してアタックをかけてきます。

 

 

いく方向がバレていると

後はドリブラーが抜いてくるタイミングに合わせて

身体を寄せるもしくは奪いに行くことをします。

 

 

ディフェンスがいく方向を限定できないもしくは

いく方向に誘導できてもドリブラーの状況がよければ

ディフェンスは奪いにいくもしくはアタックをかけることができません。

 

 

何故かというと・・・

ドリブラーがいく方向に身体を向けていないので

飛び込んだ瞬間逆を突かれる可能性があると思い、

飛び込むことができないのです。

 

 

つまり、ディフェンスにコースを限定されて

追い込まれた状況になったとしても

ドリブラーにとってはピンチになりにくいのです。

 

 

むしろその状況を上手く使えば

ドリブルでその状況を打開することもできます。

まずは身体の正面を向けるようにして相手に

自分の抜きたい方向を読まれないようにしてください。

f:id:matsutaka0804:20180903122205j:plain

 

 


・相手の状況によって左右両方抜くことができる

次のポイントである正面がゴールに向いていれば

ドリブルで抜けるコースが左右増えることです。

 

 

抜く方向が1つであると

相手はそこを意識してディフェンスをしてきます。

左右両方を抜くコースがあれば

たとえ相手が片方を読んでいてもその逆を突くことができます。

 

 

プレーしている時身体の向きがゴールに対して

正面に向いていれば必然的にディフェンスの正面になります。

理由はディフェンスはゴールとボールを結ぶ直線に入ることが

セオリーだからです。

 

 

正面でドリブルで抜くコースを増やすことで

相手の出方を見てプレーすることもできますし、

こちらから仕掛けて相手の動きを見て

抜くこともできます。

 

 

正面を向いているからこそ

切り返しもやりやすくなります。

身体の向きが左右どちらかに向いていると

逆に切り返したいときに相手にボールが近くなってしまうので

奪われる可能性が増えます。

 

 

正面に向いていれば

ディフェンスのいない方向に切り返しがしやすいのと

次の動作への移行がスムーズになりますので

ディフェンスを一気に置いていくことができます。

 

 

身体の向きが悪いと次の動作に移行するのに

一度身体を正面に向けることになるので

動作がワンテンポ遅くなります。

 

 

抜くコースを増やすだけでなく

次の動作の移行も考えると

身体の正面がゴールの向いていることすごく重要になります。

f:id:matsutaka0804:20180903122841j:plain

 

 


・相手が飛び込みにくい

ディフェンスはコースを限定して

アタックもしくは奪えるチャンスをうかがっています。

身体が正面に向いていなければ、

ゴールを奪われるリスクがなくなるので

チャンスを見て一気にボールの対してアタックをかけるようになります。

 

 

ゴール前であれば余計に相手はボールに対して

アタックをかけるようになります。

だってゴール前なのでゴールを奪われることを考えると

アタックをかけないといけないからです。

 

 

なるべくコースを限定させて

相手の行く方向を予測して

チャンスとなればボールに対して

アタックをかけにくるのです。

 

 

ディフェンスの誘導に正直に従ったとしても

相手に少しでも逆も行くことができると思わせておけば

ディフェンスは飛び込むことができないので、

その少しの時間でシュートコースを作り出すことができれば

ゴールを奪うことは可能なのです。

 

 

ほんの数秒でもディフェンスが

迷う事になれば、それが大きなチャンスを生みます。

 

 

身体の正面がゴールに向いていれば

ディフェンスはドリブラーがいい状況であるため飛び込みにくくなります。

飛び込みにくくなればドリブラーのものです。

シュートを打つチャンスを作る事もできますし

ディフェンスの状況をみて抜くことを考えることができます。

f:id:matsutaka0804:20180903123024j:plain

 

 

ゴール前では特に大事になりますので

絶対に忘れないようにしてください!

目的は抜くことではゴールを奪うことだからです!

 

 

 

今回は身体の正面をゴールに絶対に向けることに関して

細かく、解説してきました。

 

 

意識すれば簡単できます。

自分の行く方向がバレないためにも

抜く際に選択肢を増やすこと

ディフェンスが飛び込みにくくするためにも

忘れず、そしてできるようにしてください!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

youtubeでは動画での解説をしています。

基礎のポイントを動画で解説しています。

instagramでは日々の試合でのプレーや日常を載せています!

コチラにまとめてありますのでぜひご覧ください!

⇩⇩⇩⇩

https://goo.gl/BCuWtZ