サッカー愛100%まつかわです!

サッカーに対する思い、魅力や奥深さをみんなに知ってください

試合の観方であなたのプレーは劇的に変わる!?その真意とは・・・

こんにちは!

 

 

サッカー愛100%まつかわです!

 

 

前回最後の方に少し書かせていただいたんですが、

守備の上達で一番は自分自身で経験すること

経験は自分の力になり、自信になります。

 

 

経験することが自信につながることは

自分でもできる・通用することが

一番の近道になります。

 

 

練習したことを試合で挑戦することで

それが上達の第1歩であり、

自分自身の成長・自信につながります。

 

 

経験以外にも大事な要素として

試合を観ることでも

経験と同じくらいの効果を得ることができます。

f:id:matsutaka0804:20180829142724j:plain

 

 

試合を観ることでも

自分の成長に繋がり、

試合でいいイメージを持った状態で

プレーすることができます。

 

 

試合でチャンレンジ出来ない

失敗を恐れて何もできない

何処で練習したことを出せばいいかわからない

などなど

 

 

試合で自信を持ってプレーするための

準備段階として必要なことになりますので

ぜひ、最後まで読んでいただき、

今後のサッカー人生に活かしてください。

 

 

どうして試合を観ることをオススメするのか!?

 

試合は色んな要素が含まれています。

色んな選手がいますし、選手1人1人考え方もプレーも仕方も違います。

マネしたいと思うプレーもあれば、失敗例(悪い例)を観ることができ

良くも悪くも勉強になります。

f:id:matsutaka0804:20180829142935j:plain

 

 

 

他にも自分が目標とする選手を見つけることができ

自分の進むべきプレースタイルを見つけることもできます。

 

 

ポジションごとに見ていくと

自分のプレーしているポジションの役割を学ぶこともできます。

 

 

 

試合はサッカーで必要な数多くの事を

学ぶことができます。

 

 

 

攻守において勉強になることを学ぶことができる。

攻撃で言えば、技術の使い方を学ぶことができます。

ここでも良く書いてある技術の説明を試合で

どうやって活かしているのかを観ることができます。

 

 

守備で言えば

選手それぞれの場面ごとでの距離感や

相手の攻撃を止めるプレーや

相手がそのディフェンスの予測を超えたプレーを観ることができます。

 

 

監督やコーチが教えてくれたことを

聞いて、理解することではなく

あなた自身の目でそのシーンを観ることで

イメージしやすく、理解しやすいのです。

 

 

「百聞は一見に如かず」

ということわざがあります。

この意味は100回聞くことは1回観ることに及ばないという事です。

 

 

つまり、指導者にいくらこういうプレーをしたほうがいいと

指導されるよりもこの選手の子のプレーを真似してみなと言われた

自分の目でその選手のプレーを観ることで簡単に理解することができ

イメージできるという事です。

 

 

試合を観ることで

成功例を自分自身の目で観てイメージを付け

悪い例は自分に置き換えてしないようにすることができるのです。

試合は数多くの事を学ぶことができるのです。

f:id:matsutaka0804:20180829143151j:plain

 

試合をどういう風に観ていけばいいのか!?

 

試合を観るポイントは

・選手1人のプレーを観る

・全体の流れで選手の動き・ボールの動きを観る

・「どうして」・「自分ならこうする」考えてみること

が試合の観方のポイントとして挙げることができます。

1つ1つ解説していきます。

 

 

 

・選手1人のプレーを観る

客観的に選手のプレーを観ることができます。

試合では平面で観ているので試合の全体像が余りイメージしくく、

自分の動き自体があっているのか理解しづらいです。

 

 

試合を観ることで試合全体を上から見ることができるので

選手自身の動きを細かく観察することができます。

試合では22人の選手が1つのボールを使ってプレーするので

ボールを持っている時間よりも持っていない時間の方が長いです。

 

 

だからこそ、ボールを持っていない時に

どういった準備をするのか

ゴールを奪うためにどういう行動をするのかが

大事になります。

f:id:matsutaka0804:20180829143414j:plain

 

 

選手1人を追うことでボールを持っている時だけでなく

ボールを持っていない時の細かい動きなどを

学ぶことができるのです。

 

 

つまり、オン・ザ・ボールの動きから

オフ・ザ・ボールの動きまで

細かくみることができます。

 

 

上手い選手や試合で活躍できる選手は

オフ・ザ・ボールの際に

しっかりと得点を奪う準備ができているので

いざボールを貰った際に結果を残すことができます。

 

 

例えば

選手1人動きを追うことで

ボールが近くある時の動き

ボールが遠くにあるときの動き

ゴール前での動き

ゴールに近づくための動き

どこ観ても同じ動きをしていません。

 

 

考えている選手であれば

どうすればいいのか試合の中で考えているので

観ている方をワクワクさせる動きをしてくれます。

 

 

考えているからこそボールを持っていない時に

学ぶべきポイントがあります。

 

 


・全体の流れで選手の動き・ボールの動きを観る

試合流れを観て全体像をとらえていく事で

動き方を学ぶことができます。

 

 

サッカーは連係プレーです。

個人の能力も必要になりますが、

それ以上にチームとして戦うことで

個々の能力を最大限引き出すことができます。

 

 

1人でできないことも

チームでまとまれば

できないこともできるようになります。

 

 

試合も個人の能力で突破するシーンも魅力的ですが、

チームで相手を崩してのゴールの方がもっと面白く魅力的なのです。

だからこそ試合で全体像をとらえながら選手1人1人の動きに注目していき、

1つのボールの動きに対して何人の選手が関わるかを観ることで

動き方を学ぶことができます。

f:id:matsutaka0804:20180829143711j:plain

 

 

例えば

ディフェンスラインでボールを持っているのであれば

それ以外の中盤の選手とFWの選手はどういう風な動きをしているのか

観ることで自分が試合中に似たシーンの際に

アクションの仕方を勉強することができます。

 

 

中盤でボールが動いている時に

他のポジションの選手は

どういう動きをするのかも大事になります。

 

 

ボールを受けようと裏に飛び出す選手もいれば

裏に飛び出す動きをみて、できたスペースに飛び込む動きをする選手もいます。

それとも足元でボールを受けて、ドリブルで仕掛けようとする選手もいます。

 

 

試合で連動した動きこそ

サッカーで必要なプレーになります。

ボールだけを観るのではなく

ボールに関わっている選手も観るようにしてください。

 

 


・「どうして」・「自分ならこうする」考えてみること

試合を観ていていいプレーであれば

自分の中でどうすれば同じようなプレーができるのか考えること

悪いプレーであれば自分であればこうする

そうすれば今みたいな失敗はしないと考える力を身につける。

f:id:matsutaka0804:20180829143756j:plain

 

 

 

試合でプレーしている選手も1人の人間です。

完璧な選手はいません。

世界的有名なメッシ選手やC・ロナウド選手もミスや失敗をします。

 

 

そこで自分の考えを持つようにしてください。

どうすれば同じ失敗をしないのか

相手のミスを観て、自分も同じ失敗をしないようにする方法を考えてください。

 

 

 

自分が試合中でミスなくするためにも

試合を観て、多くの失敗を観てください。

失敗から学ぶことは多いのです。

 

 

考える際に注意してほしいのは

技術で解決しないこと

 

 

技術がなくても

身体の使い方

ボールの置きどころ

今持っている自分の能力で解決するようにしください。

 

 

それが考えることができると

自分に足りないものがわかってきます。

たりないものがわかれば練習するようになり

それができるようになれば自分自身の力になり

自信に変わります。

 

 

まずは今の現状で考える癖をつけるようにして

いいプレーからも多くの事を学び、

失敗したプレーからはより多くの事を学ぶようにして下さい。

 

 

 

最後に試合を観ることは

やってきたことがない方には難しいです。

まずは試合をフルで全部見るのではなく

10分とか15分とか観るようにしてください。

 

 

 

少しずつ慣れていく事で試合の面白さを気づくことができます。

まずは気になる試合から観るようにして下さい。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

▼海外サッカーはこちらで観れます▼