サッカー愛100%まつかわです!

サッカーに対する思い、魅力や奥深さをみんなに知ってください

現代サッカーでは守備意識が求められている!

こんにちは!

 

 

サッカー愛100%まつかわです!

 

 

今回は守備に関してお話ししていきます。

f:id:matsutaka0804:20180828182541j:plain

 

 

どうして守備に関して書いていくのか??

 

守備は現代のサッカーでは

どのポジションでもできないといけない

そして求められています。

 

 

今までは守備に関しては

ディフェンスの選手が求められていました。

攻撃の選手は守備意識に関しては

あまり意識していませんでしたが

今では前線からの守備からディフェンスをしていく事が

とても大事になってきます。

 

 

守備意識はどんどん意識づけされていき

試合を左右するほどになりました。

前線からのプレスでボールを奪取することで

攻撃のスタートが相手陣内から始まるので

ゴールを奪える確率がかなり上がります。

 

 

 

特に奪われた後の攻守の切り替えこそ

守備のスタートです。

攻守の切り替えを早くしていき、

奪われたボールを素早く奪い返すこと

・相手の攻撃の時間を与えない

・考える時間を与えない

・チャンスを作らせない

という効果があるのです。

 

 

つまり守備意識こそ試合を

優位に進めていくことができるのです。

f:id:matsutaka0804:20180828183022j:plain

 

 

守備に関して考えることで

相手の攻撃を読む力を身につけることができ

自分が逆に攻撃をする場合に

守備意識があれば相手の隙を見つけることができ

そこを突くことであチャンスを作り出すことができます。

 

 

 

守備に関して理解していく事で

もっとプレーの幅を広げることになり

チームにとってプラスになります。

 

 

現代サッカーで求めれていることができれば

自分のこれから目指している目標に関して

絶対にプラスとして役立ちます。

 

 

ではこれから守備に関して

1つ1つ説明しながら書いていきます。

 

 

守備で大事なことは「考える」ことです。

「考える」とは相手が常に何をしてくるのか

考えなければいけません。

 

 

相手がボールをもっている以上

ディフェンスは不利な状況なのです。

相手がこれからを何をしてくるのかをまずは考えることで

相手の攻撃を予測することができます。

 

 

相手はドリブルをして自分を抜こうとしてくるのか

相手は味方の上りを待ち、パスを選択しようとしてくるのか

相手は味方を使い、ワンツーで自分を切り崩してくるのか

シュートを狙っているのか

などなど

 

 

相手のボールを持っている状況もしくは

相手がボールを受けた場所

相手の身体の向き、ボールの置く位置で

次に相手が何をしてこようとしているのか

考えてください。

 

 

 

自分がこれから何をしようと考えるのだと

自分の考えでプレーしてしまうので

相手にプレーを読まれてしまいます。

 

 

それだと簡単に足を出してしまう

相手はそれを狙っているので

そこを突かれてしまい、簡単に相手に抜かれてしまいます。

 

 

相手の動き予測して

そのプレーに対してこちらがアクションすることで

相手のボールを奪取することができます。

f:id:matsutaka0804:20180828183140j:plain

 

 

次に必要なことは

相手の動きに対してついていく事です

ボールを奪えるシーンは1つとは限りません。

 

 

相手はボールを動かし、

ディフェンスを左右に揺さぶっていき

抜くチャンスを作り出そうとします。

 

 

相手はこちらがしびれを切らして

アクションを起こしてくるところを狙ています。

相手はボールを動かしてくるのです。

 

 

大事なことはボールをみて付いていく事です。

相手の動きこちらも奪うチャンスを待つのです。

相手がしびれを切らして抜きに来るもしくは

ボールコントロールをミスして奪えるチャンスを見つけることです。

f:id:matsutaka0804:20180828183915j:plain

 

 

奪えるチャンスだと思ったら

迷わず奪いに行ってください。

絶対に足先だけでボールを奪いにいかないでください。

 

 

相手がそれを狙って抜きに来た際に

次の一手が出せなくなります。

身体ごとボールを奪いに行くことができれば

相手は抜きに来ても次に体を当てることもできるので

相手はいい状態にディフェンスを抜き去ることができないのです。

 

 

 

場所にもよりますが

最悪ファールをして止めることも必要になります。

ファールするときに注意しなければいけないのが

相手をケガさせてしまうプレーをすることはダメです。

 

 

悪質なプレーではあれば

一発退場のレッドカードが出てしまい

チームに迷惑がかかります。

 

 

ファールの仕方を考えて

ファールするようにしてください。

f:id:matsutaka0804:20180828184350j:plain

 

 

次に大事なのは

相手との距離感です。

これは人それぞれ距離感が違うので

練習していき考えてできるようにしていく事をオススメします。

 

 

ここでは距離感がなぜ大事なのかについて書いていきます。

距離感が遠ければ相手は自由にプレーすることができます。

試合では相手はドリブルでディフェンスを

抜くことだけが選択肢ではありません。

 

 

選択肢としては

パスを出すことも

シュートを打つこともできます。

 

 

パスを出す際も

ショートパスもあれば

ロングパスで大きく場面を変えることで

ディフェンスのゾーンを崩すこともできます。

f:id:matsutaka0804:20180828184433j:plain

 

 

距離感が遠いだけで

相手は自由はプレーすることができます。

選択肢が多いいので相手の攻撃を予測することができないので

予測をするためにもある程度距離をつめて選択肢を減らすことが大事です。

 

 

 

距離感が近いとどうなるのかというと

距離感が近いとメリットとしては相手は選択肢が絞られるので

予測しやすくなります。

 

 

デメリットでは相手は距離が近いことを

活かしてドリブルで抜いてきます。

その際に相手の動きについていく事ができなくなる可能性が出てきます。

 

 

そして相手が予測していたプレーではないプレーをした際に

上手く対応できなくなります。

相手の意外性なプレーにもついていくことができないので

近すぎても相手の良くありません。

 

 

 

相手に近すぎず、遠すぎないところを

1対1をしていく中で見つけて

それを覚えていく事が大事になります。

 

 

 

覚えていてほしいことは

試合の場面場面で距離感は変わってくることです。

f:id:matsutaka0804:20180828184504j:plain

 

 

これは自分の経験談としてお伝えします。

1対1での距離感を理解できるように

試合でも1対1の状況になればほとんど負けることがなくなりました。

 

 

 

ですが、それがゴール前での1対1になった場合に

1対1では負けはしませんでしたが、

ゴール前という事で相手がシュートを選択した際に

対応が遅れてしまい、シュートを打たれてしまい、

それが決まったことがありました。

 

 

 

その1回のシュートで自分のディフェンスの距離感に疑問を持ってしまい、

試合中に適した距離感がわからなくなったことがあります。

 

 

 

試合を重ねていく中で考えていく

試合中での場面場面での1対1で

距離感を変えていかなければいけないことに

気が付くことができました。

 

 

これからディフェンスの距離感をやっていこうとする際には

場面ごとに距離感を変えていく事を忘れないでください。

 

 

最後に今回のディフェンスのまとめ

 

 

まずは「考える」こと

相手が次に何をしようとするのか考えること

次のプレーを予測することです。

 

 

 

次が相手の動きについていく事

予測できたのであればその動きに身体をついていかせること

ついていけなけば相手を止めることもボールを奪取することもできない

予測できたのであれば次に相手の動きについていく事

 

 

最後に相手との距離感

相手が自由にプレーできない距離感であり

相手の動きについていける距離感を見つけることで

負けないディフェンスができるようになる。

 

 

 

1つ1つもう一度簡潔に説明します。

 

 

プレーを予測する際にどうすればいいのかわからない方は

一番は自分自身で経験することが一番覚えることができます。

それ以外の方法では試合を観て

ボール保持者はどういう選択肢を持っているのかを

見て勉強することも大事です。

 

 

詳しくは次回書いていきます!

 

 

 

次に大事なのはついていく事

相手の動きについていけなけばボールを奪うことはできない

相手の動きを予測して、それに対して動く準備をしていく事で

相手の動きについていくことができる

 

 

相手のプレーを予測するには限界があるので

絶対に忘れていけないのは

自分が予測した動き以外のプレーがきても

ついていけるように準備しておくこと

 

 

最後に相手との距離感を覚える

距離感は場面によって変わってくる

試合でのどのシーンでの1対1なのかで

変ってくるので、つねに色んな距離感を覚えておくこと

 

 

試合を観ていく事で

勉強できるので明日経験する以外の方法に関して

書いていきます。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

▼海外サッカーの試合はこちらで見れます▼