サッカー愛100%まつかわです!

サッカーに対する思い、魅力や奥深さをみんなに知ってください

勝負で負けない選手は1対1で負けない!?その方法とは…

こんにちは!

 

 

サッカー愛100%まつかわです!

 

守備に関して書いていきます。
今回のテーマは「1対1(対人)」ついて書きます。

f:id:matsutaka0804:20180425124029j:plain

 

ディフェンスでの面白い部分は
1対1で相手を止めることにあります。
ディフェンスラインの1人1人が1対1で負けなければ、
ゴールを奪われる事はまずなくなります。

 

1対1で負けてしまうと
自陣内の選手が足りなくなり
ボール保持者を止めるために
選手が引っ張り出されてしまい、

 

フリーな選手を使われて、
ゴールを奪われてしまうもしくは
個人技でゴールを許してしまいます。

f:id:matsutaka0804:20180425125031j:plain

 

カバーがしっかりできていれば
守れていたかもしれませんが、
まず1対1で負けなければ、
不利な状況になることはありません。

 

まず意識しなくてはいけないのが
1対1で負けない事
ボールを奪えなくても
相手がプレーしにくい状況を作る事

 

楽にプレーさせてしまえば
相手は何でもやりたいことをできます。
だからこそ自由=余裕をもって
プレーさせないこと

f:id:matsutaka0804:20180425130020j:plain

 

ディフェンスであれば
まずは守備での能力が高くなければ
そのポジションを任せられない。

 

1対1で強くなれば、
サイドバックであれば、
同サイドをドリブル突破で
許すことはなくなります。

f:id:matsutaka0804:20180425130124j:plain

 

センターバックであれば
プレスのタイミング
ボールへのアタックのタイミング
が良くなり、相手はプレーしにくくなります。

f:id:matsutaka0804:20180425130256j:plain

 

相手の攻撃をあなたのところで
止める事ができるので、
そこから自分たちの攻撃をすることができます。

 

1対1で勝負に勝てば勝つほど
相手の攻撃のパターンがなくなり、
自分たちの攻撃の時間が長くなります。

 

1対1は強くならなければいけません。
では1対1で何を気を付ければいいのか。
・相手にプレーについていく。
・自分から仕掛けず、我慢する。
・ディフェンスする際の距離感
の3つに気を付けて下さい。

 

・相手にプレーについていく。
1対1をする際はまずはここを意識して下さい。
ディフェンスはただでさえボールを持っていない分
不利な状況なので、相手のやりたいプレーに
合わせてついていってください。
 
ついていくのに合わせて
相手が次何をするのか考えながら、
ついていってください。
そしてチャンスを見逃さないでください。

f:id:matsutaka0804:20180425130406j:plain

 
相手が仮にパスをしようとするのであれば、
目線が出す選手を見ています。
そして足を振り上げてパスを出します。
パスだと判断できたのであればそこがチャンスになります。
 
相手がゴール前でシュートを打とうとするのであれば、
目線はゴールを見ていて、足を振り上げます。
アタックにチャンスになりますが、
気を付けないといけないところでもあります。

 

・キックフェイントでかわしてくる
シュートモーションに入ったから
打ってくると思い込んでいれば、
相手はそこをついてきます。

 

キックフェイントで簡単にかわされてしまい、
結果的に1対1で負けてしまうことになります。
キックモーションにはいったからいいのではなく、
ボールに当たるところまで我慢してください。

f:id:matsutaka0804:20180425130535j:plain

 

・シュートの際に股を抜いてくる。
シュートを打つ選手は対角線上に打つことで
ディフェンダーの股を抜いてゴールを奪います。

 

股を抜くことでキーパーのブラインドになり、
ゴールが決まりやすくなります。
シュートブロックする際に股が広がるために
股を狙いやすい。

f:id:matsutaka0804:20180425130651p:plain

 

 

・ドリブルのタイプによっての対応

相手が仮にドリブルしてくるのであれば、
最初のプレスである程度の距離(相手に触れられる距離)まで詰める
そこからその距離を保ちながら、
相手のドリブルに合わせる。

 

狙いどころになるのは
ボールをタッチした後、
相手とボールが離れた瞬間がチャンスになる。

f:id:matsutaka0804:20180425131302j:plain

 

中には細かいタッチをしてくる選手もいるので
その際はボールを大きく出した瞬間になります。

 

スピードがある選手であれば
足での勝負をしてくる選手が多いので
ボール大きく出したところがチャンスになる。

f:id:matsutaka0804:20180425131331j:plain

 

足が速い選手は
ボールにアタックするのではなく、
選手が走るコースに自分が入ること

 

その際に背中で相手を受ける事
正面で受けてしまえばファールになってしまいます。
そして重心を低くして反転のスピードを速くして下さい。

 


・自分から仕掛けず、我慢する。
相手はこちらの反応を見てプレーをしているので
先に仕掛けず、ボールを見てチャンスを待ってください。

f:id:matsutaka0804:20180425130938j:plain

 

我慢できれば相手はしびれを切らして
仕掛けてきます。
相手はフェイントをかけても反応がなければ
焦って仕掛けてきます。

 

そうなればこっちのもんです。
相手についていき、
相手のプレーに合わせてチャンスを待ち、
ボールを奪いにいきます。

 

相手が焦って仕掛ければ仕掛けるほど
ミスは出てくるので、奪える可能性も上がります。
仕掛けず、我慢することで
味方がサポートに来てくれます。

f:id:matsutaka0804:20180425131524j:plain

 

そうなれば、相手は早めに仕掛けるもしくは
ボールをいったん下げて、作り直します。
だからこそ、それまで我慢してください。

 

・ディフェンスする際の距離感
距離感は少しお話ししましたが、
相手が触れる距離感になります。

 

距離が遠すぎれば、
相手はプレシャーを感じず、
自由にやりたいことをできてしまいます。

 

距離が遠すぎれば、
相手はプレシャーを感じないので
意味がありません。

 

相手がプレシャーを感じる距離感があります。
その距離を見つけるように練習してみてください。
選手によって、体格、身長も違いますので
こればっかりはやって身につけていくしかありません。

 

 

イメージとしては

自分の位置から大股で一歩出た際の距離になります。

 

 

気を付ける3つのポイントを意識して挑戦してください。
・相手にプレーについていく。
・自分から仕掛けず、我慢する。
・ディフェンスする際の距離感

 

最初は理解して、そして意識してください。
意識していけば、体が覚えようとします。
体が覚えれば無意識でできるようになります。
そうなるまでひたすら意識して挑戦してきましょう!

f:id:matsutaka0804:20180425131829j:plain

 

最後に
1対1はとにかく反復練習しかありません。
うまくいった際になにがよかったのか
どうしてうまくいったのか
考えてください。

 

失敗した時も
どうして失敗したのか
次同じ失敗しないために何に気を付けるのか
考えてください。

 

体で覚えれば一生ものの技術になります。
だからこそ沢山失敗してください。
1対1をとことんやって下さい。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。