サッカー愛100%まつかわです!

サッカーに対する思い、魅力や奥深さをみんなに知ってください

攻撃の起爆剤!?トップ下とは・・・

こんにちは!

 

サッカー愛100%まつかわです!

 

今回はポジションに関して書きます。
今回のテーマは「トップ下」についてです。

 

トップ下はゲームメイカでありながらも
ゴールゲッターでもあるオールラウンダーである。

f:id:matsutaka0804:20180418170915j:plain

 

基本的には相手のボランチとディフェンスラインの間に
できたスペースでパスを受けることでチャンスが作れる。

 

 

前を向ければ決定的なスルーパスでゴールを演出できる。
ゴール前であれば自らゴールを奪える。

f:id:matsutaka0804:20180418171011j:plain

 

 

前を向くことができなくても
スペースで受けることができれば
相手はあなたにプレシャーをかけにくる、
そこに出来たスペースを味方が活かすことでチャンスに変わる。

 

 

相手の中盤の一番怖いところつまり
ゴールを奪えるところで受けることができれば、
相手にとってはゴールを死守するために
あなたにプレスをかけにくる。

 

 

 

ゴールに近いところであるだけ
より大きなチャンスを作りやすい。

 

ディフェンスラインからの縦パスが
FWに直接入らない場合に、
いったんトップ下にボールを預けられると
タメができ、味方も上がりやすくチャンスになる。

 

 

 

トップ下が自由に動き、ボールを受け、
サイドにボールを散らしていくもしくは
前を向いて裏への決定的なパスをすることで
チームは活性化され、より厚みのある攻撃ができるのです。

f:id:matsutaka0804:20180418171517j:plain

 

 

トップ下が上手く機能できなければ、
チーム全体も上手く機能できず、
サイド攻撃をしても最後のクロスを受ける選手がFWだけになる

 

 

それでは相手も読んでいて、
しっかりとブロックを作られていたら、
得点を奪うことができなくなる。

 

 

 

中央からの攻撃でも、
ボランチのみがゲームを作っているだけなので
相手のプレッシャーが早いければ、
前を向いてプレーできなくなるので、攻撃が組み立てにくくなる。

 

 

ボランチが前を向いてプレーできなければ、
ボールは前に進まないので、
いくらボールを保持していても
相手には何にもプレシャーを感じないので意味がない。

 

 

 

トップ下が機能することで
攻撃はより厚みのある攻撃ができる。

 

 

相手ゴールの近いところで
前を向いて受けることができれば
ゴールに近い選手にスルーパスを出し、
チャンスを作ることができる。

f:id:matsutaka0804:20180418172227j:plain

 

 

何よりもゴールが近い分、
ミドルシュートが打てるので、
ゴールを奪える可能性が広がる。

f:id:matsutaka0804:20180418172328j:plain

 

 

トップ下が必要とされる
基本についてお話していきます。

f:id:matsutaka0804:20180418172604j:plain

 

 

  • 攻撃に関しては
    ・ボールコントロール
    ・パス技術(正確で質の高い)
    ・シュート技術(ミドルシュートが打てること)
    ・360度の広い視野の確保
    ・トラップの技術(特にファーストタッチ
    ・相手の弱点を見極める観察眼
    ・スペースの使い方
    ・2・3手を読む戦術眼
    ・ボールを奪われないキープ技術
    ・ドリブル技術
    ・常に一番いい判断ができる状況判断能力
    ・周りの特徴を理解し、活かすコミュニケーション能力
    ・常に自分がフリーになるために動きチャンスを作る運動量

 

  • 守備に関しては
    ・FWに連動して縦のパスコースを消す事
    ・FWに対しての指示を出す
    ・トップ下がファーストディフェンスで相手を追い込む
    ・後ろからの指示を聞き、指示通りに動く
    ・2度・3度と追える運動量
    ・味方と連携して奪う
    ・相手の動きを読む
    ・危険察知能力
    ・攻守の切り替えの早さ
    ・ボール奪取能力

 

基本的な役割は多くあり、

 

 

  • 攻撃に関して言えば、
    味方のボールを受けて、保持し、味方に繋げる
    味方からボールを受け、自らゴール狙い、シュートを放つ 

 

  • まずはボールを受けるスペースを見つけ、
    正確なゴールの位置、相手の位置、味方の位置を把握できる
    広い視野の確保が必要になる。

 

  • ボールを受けた際にミスのない正確なボールコントロール
    相手のプレスに負けないキープ力
    そのボールを正確に味方に繋げるところまでが大事になってきます。
 
  • 守備に関しては
    まずはチームで連動しての守備を意識していき、
    ファーストディフェンスがFWであれば、
    それに連動して、守備に入る
    その際に縦のパスコース(ボランチ)を消すことが前提になる。

 

  • トップ下がファーストディフェンスになる場合は
    周りの状況を確認して、周りの指示を聞き、
    守備に入っていくこと

 

  • 中盤での守備に関しては、
    ボランチと連動して挟み、
    なるべく数的有利になる状況を作る事。

 

  • 攻守の入れ替わりが激しくなるポジションになるので
    試合時間を戦い抜ける運動量が必要になります。

 

  • まずは相手のボランチとディフェンスラインとの
    スペースでボールを受け、
    味方からのボールを要求するところから
    始めていきましょう。
 
そのためにも
・広い視野の確保
・体の向き
・ボールを止める足
から意識していきましょう。

 


最後にトップ下で見てほしい選手を紹介します。
ロシツキー選手
エジル選手
の2選手を参考にしてください。

 

ロシツキー選手は
チェコ代表
元サッカー選手です。
ドルトムントアーセナルで活躍していた選手です。

f:id:matsutaka0804:20180418172701j:plain

 

ケガが多くシーズンを通して長くプレーしていませんが、
試合に出場すれば、しっかりと結果を残す選手です。
試合を作るゲームメイクが得意で、
ボールを受ければ、前を向き、ゲームを組み立てる

 

パスの選択肢も常にゴールに一番近い選手を見つけ、
そこに正確なパスを供給し、チャンスを作り出す。

 

 

チャンスとなれば自らもゴールを狙い、
ゴールに果敢に仕掛けていく

 

自らゴールを奪うこともあれば、
ディフェンスを引き付けて、
フリーな選手にパスを出せる器用な選手です。

f:id:matsutaka0804:20180418173004j:plain

 

ボールを受ける位置も相手から離れた位置で受けるため、
相手のボランチはマークがしづらく、
受けて考えるのではなく、ボールを動かしながら、
相手の隙を伺い、一気に攻撃を仕掛けることができる選手です。

 

難しいプレーをするわけではなく、
周りの状況を見て、しっかりと判断できる。
簡単なことを正確にできる選手なので
ぜひ参考にしてみてください。

f:id:matsutaka0804:20180418173331j:plain

 

2人目のエジル選手は
ドイツ代表の10番を背負い司令塔として活躍している。
所属クラブはアーセナル
南アフリカワールドカップ終了後にその能力が買われ、
スペインの名門クラブレアルマドリードに移籍しました。

 

ゲームメイクとしてあのクリロナも認めている選手
ボールコントロールではまず相手は奪われない
相手の予想をはるかに超えるパスの判断
相手の隙をつき、決定的なパスを味方に供給する

f:id:matsutaka0804:20180418173414j:plain

 

自らも前線へと飛び出し、
味方からのボールを正確にコントロールして
キーパーの状況を見て正確なシュートで
自らもゴールを奪うこともできる選手

f:id:matsutaka0804:20180418173503j:plain

 

何と言ってもその広い視野は特にすごい!
常に周りの色んな状況を把握しているため、
味方に遭ったボールを蹴ることができる。

 

スペース・相手・味方の位置を
自分がポジションを変えるたびに確認しているので
どんな時でもボールが入った際に
ボールの奪われない方法を理解している。

 

ボールコントロールも大事だが、
ボールの受け方と視野の確保の仕方
参考にしてみてください。

f:id:matsutaka0804:20180418173541j:plain

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。