サッカー愛100%まつかわです!

サッカーに対する思い、魅力や奥深さをみんなに知ってください

守備ができれば試合に勝てる!守備の考え方・方法とは!?

こんばんは!


サッカー愛100%まつかわです!

 

守備の仕方についてお話します。
守備はサッカーで言えば必要な能力です。

f:id:matsutaka0804:20180410213635j:plain


サッカーは得点を奪う競技である反面
得点を奪われてはいけない競技でもあります。


得点を許せば、相手が勝利に近づきます。
得点を奪われなければ、自分たちが負けることはありません。
得点を死守する能力が守備の能力です。

f:id:matsutaka0804:20180410213848j:plain

 

守備での能力を高めていけば、
相手の攻撃を防ぐことができ、
自分たちの攻撃に厚みを出すことできます。

 

守備での役割とは何でしょうか
必要なことは何か
まずはそこからお話ししていきます。
・1対1の強さ(対人の強さ)
・裏への対応
カバーリング
・ヘディング(競り合いの強さ)
・連動の仕方
インターセプト
・指示の声
・空間認知能力

 

守備に関しての必要な能力は多く、
センスがないとできないと思われがちですが、
そんなことはありません。

f:id:matsutaka0804:20180410214456j:plain

 

自分も今では守備はできていますが、
最初はできていませんでした。

 

元々サイドハーフとしてプレーしていましたが、
サイドハーフで結果出ていませんでした。
高校生になっても結果は同じで、
周りにはもっとできる選手の方が多かったです。

 

そこで監督からサイドハーフではなく、
サイドバックでのプレーを進められ、
そこからサイドバックをやることになりました。

f:id:matsutaka0804:20180410215941j:plain

 

高校生から守備を勉強することになりました。
ミスはするし、ボールは取らないは失敗ばかりでした。

 

だからこそセンスがあったわけではないのです。
少しずつ守備に関して理解していき、
少しずつ出来るようになっていきました。

 

最初はできないことばかりでしたが、
トレーニング仕方・考え方を理解していくことでできるようになります。

f:id:matsutaka0804:20180410220445j:plain

 

守備に関しての基礎知識について
少し触れていきます。

 

大事なことはゴールを死守することを
忘れてはいけません。
・ボール保持者とゴールの間に入る
・常に相手のプレーの2・3手先を読む
・集中力を維持して、準備を怠らない
この3つのポイントを忘れないでください。

 


・ボール保持者とゴールの間に入る
これはディフェンスの基本中の基本
一度は聞いたことがあると思います。

 

なぜゴールとの間に入るのかというと
簡単に言えば、シュートを打たれてしまい、
失点してしまうからです。

f:id:matsutaka0804:20180410220621j:plain

 

相手はゴールを奪うために仕掛けてきているわけなので
ゴールを開けてしまえば簡単にシュートを打たれてしまい、
失点してしまい、チームが敗北してしまいます。

f:id:matsutaka0804:20180410223834j:plain

 

 

そのためにもまずはボール保持者とゴールの間に入ることで
ゴールを死守することができます。

 

どうすれば、ボール保持者とゴールの間に入ることができるのか。
それはディフェンスに入る前にゴールの位置を確認することです。
確認つまり目でゴールを確認すること
ゴールの位置を正確に把握することができます。

 

 

ゴールの位置を把握することができれば
あとは、ボール保持者にプレスをかける時に
相手とゴールを結ぶ線に入ることができます。

f:id:matsutaka0804:20180410224701j:plain

 

まずはゴールを目で見ることから始めて下さい
そこから相手にプレスをかけてゴールとの間に入るようにしてください。

 

・常に相手のプレーの2・3手先を読む
ディフェンスは不利な状況である。
なぜならボールを持っている選手は
ゴールを奪うためになんでもできるからです。

f:id:matsutaka0804:20180410224903j:plain

 

だからこそボール保持者は有利になり、
ゴールを奪うためにドリブルでもシュートでもパスでも
できるためディフェンスはそれを考えないといけません。

 

だからこそディフェンスは
ボール保持者のプレーを読まないといけないのです。

f:id:matsutaka0804:20180410225241p:plain

 

読むためにはどうすればいいのか
それはたくさんの試合を観ることと多くの対人をしていくこと
そこで相手のプレーを考え、次に何をしてくるのか考えることです。

 

読むことで相手の次のプレーを考えられるので
後はその動作に自分のプレーを合わせること
体を入れることができ、ボールを奪取しやすくなります。

f:id:matsutaka0804:20180410225738j:plain

 

・集中力を維持して、準備を怠らない
サッカーは展開がすぐに変わり、いきなりチャンスになることもあれば
いきなりピンチになることもあります。

 

展開が変わるからこそ守備は常に高い集中力をもって
常にその展開に対して準備できるかどうかで変わってきます。

 

相手が次何をしてくるのか
どういうプレーをしたいのか
集中力をもって次を考えてください。

f:id:matsutaka0804:20180411113549j:plain

 

そしてそのプレーに対して
準備を怠らずやってください。

 

・裏への対応
・マーカーへの対応への準備
・奪われた後の守備への即座の切り替え
・自分のマーカーとの1対1の準備

 

プレーの時々を考えて
展開が変わる時に
その場の対応を考えられるように準備すること

f:id:matsutaka0804:20180411114854j:plain

 

ここでは3つのポイントをお伝えしました。
・ボール保持者とゴールの間に入る
・常に相手のプレーの2・3手先を読む
・集中力を維持して、準備を怠らない

 

いきなりはできないので
まずは意識することから始めてください。
試合は同じシーンはきませんが、
似たシーンはきます。

 

その際に同じミスをしてしまうのか
それとも反省を生かしてその場面を打開するのか
あなたはどちらを選択しますか。

 

打開するためにもまずはあなたの中で
必要な要素を意識することから始めてください。
守備に関する3つのポイントを忘れずに意識してください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。