サッカー愛100%まつかわです!

サッカーに対する思い、魅力や奥深さをみんなに知ってください

ボランチの中のアンカーの本質とは!?

こんにちは!

 

サッカー愛100%まつかわです!

 

今回も質問を受けたので回答します。
今回は「アンカー」についてです。

 

「アンカー」一度は聞いてことのある
サッカーでのポジションを表す用語

 

アンカー=中盤の底
ボランチのポジションの事である。
ダブルボランチの中で片方の選手がやる場合もあれば
フォーメーションによってはアンカーという役割を
与えられることもあります。

f:id:matsutaka0804:20180327004216j:plain

 

一番イメージしやすいのは
4-3-3のフォーメーションで
中盤の3選手の陣形が逆三角形である場合
チームで言えばバルセロナが取り入れているフォーメーションです。

f:id:matsutaka0804:20180327004631j:plain

 

バルセロナで中盤の底(アンカー)で
起用されている選手がセルヒオ・ブスケツ選手です。
長くバルセロナのアンカーとしての役割をやっています。
ぜひ、プレーを見て参考にしてください!

(後ほど紹介します。)

f:id:matsutaka0804:20180327004544j:plain

 

 

今回お伝えするのは
・そもそもアンカーとは何か
・アンカーの役割とは
・試合では何を意識していくのか
3つのポイントをお伝えしていきます。

 

・そもそもアンカーとは
最初にもお話ししましたが
アンカー=中盤の底
つまり守備に特化したボランチってイメージです。

f:id:matsutaka0804:20180327004930j:plain

 

サッカーのフォーメーションは3つのブロックに分けられます。
前線(FW)・中盤(MF)・守備(DF)で分かれます。
ブロックごとに求められることは異なり、
プレーの仕方も変わってきます。

 

その中でも中盤(MF)は
また2つに分かれます。
攻撃的MF
守備的MF

 

攻撃的MFはサイドハーフ・トップ下です。
守備的MFはボランチです。

 

つまりボランチは攻撃に重きを置くのではなく、
守備を重視した考えを持つことです。
ディフェンスと協力してゴールを防ぎ、
攻撃であればパスを回し、ゲームメイクしていくことが求められます。

 

チャンスがあれば、前線に上がり、ボールを受け、
ミドルシュートを放ち、ゴールを奪うポジションでもあります。

f:id:matsutaka0804:20180327005255j:plain

 

アンカーというのはボランチですが、
より守備に特化したポジションになります。
前線に上がることはなく、常に全体のバランスを考え、支え、
相手の攻撃の芽を摘み、時にはディフェンスのカバーも行う
イメージとしては守備でのファーストディフェンスになります。

f:id:matsutaka0804:20180327005527j:plain

 

・アンカーの役割とは
アンカーのそもそもの意味をお伝えしたので
ここでは役割についてお伝えします。

 

アンカーは中盤の底あるために
守備に特化したポジションであると説明しました。
ですので、役割としても基本的には守備的な考えを持ちます。

 


守備で言えば
セカンドボールを確実に拾う
・ディフェンスと中盤の間にできるスペースを埋める。
・全体のバランスを取る
・真ん中からの相手の侵入を防ぐ
・周りの状況を見てのインターセプト

f:id:matsutaka0804:20180327005848j:plain

 

攻撃で言えば
・ボールを落ち着かせ、確実に味方に繋ぐ
センターバックと連携して、ボールを受け、
 攻撃の準備をする。
・味方のサポート
・効果的な縦パス

f:id:matsutaka0804:20180327010112j:plain


技術で言えば
・キープ力
・ボールコントロール
・パスの精度
・空間認知能力
・1対1の強さ
・視野の広さ

f:id:matsutaka0804:20180327010331j:plain

 

大事なのは守備では
全体のバランスを考えながら
ディフェンスしていくこと。

 

攻撃では
まずは拾ったボール・受けたボールは
絶対に失ってはいけない
そして確実に味方に繋ぐこと。

 

技術では
全体の観る戦術眼、
広い視野を持ち、
ボールコントロールに優れ、
相手に奪われないキープ力を持つこと。

f:id:matsutaka0804:20180327010746j:plain

 

・試合で何を意識していくのか


試合全体を常に意識してプレーすること
中盤の底でプレーしているので
攻撃では自分より前にいる選手を観察すること。
・選手の位置情報
・奪われた際の対処法
・自分が受けた時、味方のサポートした際の
 どうするかを考えておくこと

 

守備では中盤の底のスペースを埋め、
味方ディフェンスとコミュニケーションを取り、
相手の攻撃に対してしっかりと準備しておくこと

 

そして絶対に無理はしないこと
パスをイチかバチかで前線に供給するのでなく、
まずは確実に味方に繋ぎ、ボールを落ち着かせ、
マイボールにして攻撃の準備をすること。

f:id:matsutaka0804:20180327011257j:plain

 


セカンドボールを意識して
確実に拾い、攻撃に厚みを持たせる。
マイボールにして再度自分たちの攻撃にする。

 

試合全体の把握や試合展開を読む力を必要とする。
そのために多くの試合を観て、
ポジションごとの動き方やサポートの仕方を
試合を観ながら自分なりに考えるように試合を観て勉強すること

f:id:matsutaka0804:20180327011814j:plain

 

参考になる選手を紹介します。
3人の選手を紹介します。
セルヒオ・ブスケツ選手
シャビ・アロンソ選手
・ジェラード選手

 

ブスケツ選手は
バルセロナ所属
スペイン代表

f:id:matsutaka0804:20180327012053j:plain

 

ボールキープに長けていて、
まずはボールを受けても奪われない。
身体の使い方が上手い選手で
相手にボールを奪われない。

 


味方に確実に繋ぎ、
ゲームを作っている。

 

 

守備への切り替えがとても速く、
相手がボールを奪った瞬間に
プレスをかけているため
マイボールにすぐにすることができる。

f:id:matsutaka0804:20180327134733j:plain

奪ったボールを味方に確実に繋ぐことで
再度自分たちの攻撃を展開している。
戦術眼に優れ、相手のスキを突くのがものすごくうまい選手

 

それができるのも相手を観察して
相手の攻撃に備えて、常にポジショニングを
調整しているからである。

 

2人目
シャビ・アロンソ選手
元サッカー選手
元スペイン代表

f:id:matsutaka0804:20180327134915j:plain


攻撃での展開が魅力
ゲームメイクの仕方やパス精度が高い。
スペースを埋め、相手がスペースに侵入した際にプレスをかけ、
相手の攻撃を遅らせたり、コースを限定したりしている。

 

ディフェンスラインへのサポートをしていき、
ボールを受け、周りの選手にボールを散らす、
攻撃にリズムを作れる選手です。

f:id:matsutaka0804:20180327135030j:plain

 

・ボールの受け方、
・サポートの距離
・受けてからの次への選択肢までの速さ

 

特にうまい選手であるので
そこの部分をぜひ参考にしてください!

 

3人目
ジェラード選手
元サッカー選手
イングランド代表

f:id:matsutaka0804:20180327135225j:plain

 

 

一番の特徴は何と言っても
圧倒的な展開力!
広い視野を持ち合わせ、ロングフィードの正確さ、
精度の高さが持ち味である

 

ディフェンスラインまでいき、
ポジションを取り、ロングフィード
フィールド全体を支配できるプレー。

f:id:matsutaka0804:20180327135653j:plain

 

1つ1つの技術が丁寧かつ正確である。
味方の状況に合ったパスを蹴ることができ、
受けた選手は次の動作に無理なく入ることができる。

 

正確なパスが蹴れる秘訣は
ボールの受け方にあります。

 

受けた際に自分が蹴れるスペースは確保できているか
相手との距離は近くないか
ボールがどこに置いてあると蹴りやすいのか
しっかりと考えた上で自分がボールを受けにいっている。

f:id:matsutaka0804:20180327142035j:plain

 

3選手とも魅力が違います。
セルヒオ・ブスケツ選手であれば、守備の部分
シャビ・アロンソ選手であれば、ポジショニングの部分
ジェラード選手であれば、技術的な部分

 

ぜひ参考にしてみてください!
最後までいただきありがとうございます!